大人に良いニキビの対処法は

大人に良いニキビの対処法はと聞いてあなたはどのような手段を思い出しますか。ニキビと言えば、中学生など思春期になると出来るもので、高校を卒業する頃には徐々に良くなり、大人になる頃には自然に治るものと考えがちです。

ところが、最近は二十歳を超えてもニキビが治らない、あるいは二十歳を過ぎてから急にニキビができ始めた…という方が少なくありません。

特に大人になってからのニキビは治りが悪く、また「治った」と思っても、何かのきっかけでまたぶり返してしまうことが多々あります。

大人になってからのニキビ、いわゆる大人ニキビを改善するカギはどこにあるのでしょう。

まずは、若い時とはニキビの解消方法を変えてみることが重要です。

ニキビ解消方法で一番見直して欲しいのは洗顔です。ニキビ解消のための洗顔を「とにかく皮脂を取り去ればいい」と思い込んでいませんか?若いうちは、洗っても洗っても皮脂が出てくれますからそれでもなんとかなるかもしれません。しかし、年齢を重ねると皮脂の分泌量は減ります。自分では脂性だと思っていても、実は思っているほど皮脂が出ていない、というケースが多いのです。
皮脂は、ニキビを作る悪者ではなく、肌を守るためのバリアです。大人ニキビが続く肌の中には、皮脂を失って弱った肌が外部からの刺激に負け、結果ニキビのできやすい状態になっていることが少なくありません。洗顔は、皮脂を奪うためにするのではなく、汚れを落とすためのものと念頭に置き、潤いを奪わない洗顔剤を使用しましょう。また、洗顔の後は潤いを与えるニキビケアも忘れずにしましょう。ニキビ解消方法には肌のバリアを外部から補ってあげることが大切です。