乾燥肌なのにニキビになってしまう原因と打開策

ニキビの打開策と乾燥肌なのになってしまう原因についての記事です。毛穴から出る余計な皮脂は、ニキビのもととなります。しかし、肌に油分少ない乾燥肌の人であってもニキビができてしまうことがあります。あるいは、皮脂を気にし過ぎて、洗顔などで皮脂を取りすぎたことで肌が乾燥させてしまい、ニキビを治そうとしたのに逆に乾燥ニキビを招く場合があります。
では、普通の肌の皮脂が原因のニキビと、乾燥ニキビにはいったいどのような違いがあるのでしょう?
そもそもニキビは、毛穴が皮脂によって詰まることで起こりますね。この毛穴を、ホースのようなものだとイメージしてみてください。普通肌や脂性肌の人はもともと皮脂分泌が盛んですから、毛穴のホースも充分に広く発達していて、皮脂が流れるだけの太さとスペースがありますね。そのため、皮脂の分泌をコントロールできれば、詰まりを防ぐことはできるわけです。
ところが、もともと皮脂分泌が少なく乾燥肌の方は、この毛穴のホースが細く、未発達の場合が少なくありません。そのため、いつもよりもちょっとでも皮脂分泌が盛んになると、毛穴が目詰まりを起こしやすいのです。また、もともと乾燥肌の方は、肌にあるべき潤いの皮脂膜すくなく、角質層の表面が乾いてめくれやすくなっています。乾いた角質は、固くなり、毛穴の入り口を塞ぎ、ますますホースが細くなってしまいます。
対策としては、たっぷりと水分を補給して、お肌の表面に皮脂膜のベールを作ってあげることです。また洗顔剤も、ニキビを乾燥させるため、洗い上がりがサッパリしたタイプのものは避け、潤いを残して汚れだけを取り去ってくれるものを選ぶように心がけましょう。